家づくりの資金計画

理想の家づくりにはしっかりとした資金計画計画が必要

理想の家をつくるためには、しっかりと資金計画を立てる必要があります。
お金をかければ良い家が建つのは当然ですが、住宅ローンで毎月厳しい生活をするのは幸せではありません。
納得のいく家を建てためには、無理のない資金計画が必要不可欠です。

無理の無い資金計画

理想の家づくりのための資金計画

ナチュラル建築計画では、まず資金計画を立てていただくようご案内しています。

これまでの新築住宅は、住宅金融公庫などの借入のしやすさや、夫婦・家族合算の所得合算で借入が出来ておりましたが、時代背景によって借入の状況や条件なども絶え間なく変化しています。

新築を考えるのは20代後半から30代前半が多く、その世代の収入合算額は450万~600万円ほどになります。そこから計算すると、借入れできる金額は2,000万~2,500万円あたりが相場になり、土地と建物の合計金額をこれ以内にしなくてはいけません。また、「家のローンが大変だから働かないと…」と、家を建てたことで仕事漬けの生活を送ることは、決して幸せではないはずです。不安定な景気の波を考えると、月々のローンの金額も無理が無いように計画しなければなりません。

いくらなら無理なく返済ができるかを考え、土地・建物・諸経費のそれぞれにいくら使えるのかあらかじめ資金計画を立てることで、無駄な設備を省き、こだわりたいところにお金をかけるなど、満足度の高い家づくりが可能になります。

長期固定金利住宅ローン「フラット35」

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。長期固定金利住宅ローンは、資金のお受取り時に返済終了までのお借入金利、ご返済額が確定するため、長期にわたるライフプランを立てやすい住宅ローンです。

フラット35の特徴として、「団体信用生命保険」への加入が義務付けられていないという点が上げられます。

団体信用生命保険とは

住宅ローンの返済中に、ローン契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がその時点での住宅ローン残高に相当する保険金を債権者に支払ってローンを完済する制度。(以下、団信)

民間金融機関のローンを利用する場合、多くの機関が条件として団信への加入を義務付けています。団信は保険料が割安で加入時年齢による保険料の差が無く、生命保険控除の対象外というメリットがある反面、団信に加入できない=ローンの借入れができないということも考えられます。
フラット35を利用される場合、団信への加入は強制ではありません。団信への加入をご希望であればご案内いたしますが、団信の代わりとなるような民間の生命保険を準備したほうがお得なケースもあるため、お客様の状況に合わせてアドバイスいたします。